習慣になっている上下の歯を接触させている癖を認識しましょう

顎関節症の症状を疑う前に歯科医院へ行こう

患者さん自身による家での自己管理が重要

顎関節症の痛みや口の開けにくさといった症状を改善するには、患者さん自身による家での自己管理が重要であり、そのような事を積極的に行うことが世界的にも提唱されています。
自己管理なしでは、症状の完全な消失はあり得ないといっても過言ではないのです。
逆に言うと、自己管理が十分にできているなら顎関節症は発症しませんし、治った後の再発もないでしょう。
症状が強い急性期には、口を動かさなくても顎関節や筋肉が痛むので、急に顎関節症が起こった際は痛みが強く、口は指1本の幅くらいまでしか開かなくなる事もあります。
そのような時には、痛み緩和のためのホームケアを日常生活の中で心がけてください。
それをしているうちに、多くの場合は数日で痛みがやわらいできて、口の開きも多少は改善していきます。

顎の関節を動かすと共に筋肉を引き延ばそう

具体的な方法として、10分間を限度にビニール袋に氷水を入れて痛む顎関節の外側、もしくは筋肉の上に当てて冷やしてください。
10分間冷やしたらゆっくりと口を開け閉めして顎の関節を動かすと共に筋肉を引き延ばす動作を繰り返し行い、これを1日数回行ってください。
食品については、小さく切り分けて大きく口を開ける事は避けると共に、噛む必要がある固い食品、ビーフジャーキーやするめ・フランスパンというような、かみ切るためにしっかり噛む必要があるものは避けるようにします。
急に口を開け閉めするのは、関節をさらに傷つけてしまう可能性があるため避けましょう。
あくびをする際は、すでに疲れている顎の筋肉で口を開くのではなく、下顎の下に拳骨を置いて口を開けるようにしましょう。
こちらの方が顎の筋肉への負担を軽減させることができます。


この記事をシェアする